numpyでの行列操作:行列の作成・列の削除

0

Rでの matrix 関数です。numpy にて。

一次元配列から二次元配列の作り方が分かりませんでした。
reshape で -1 を使えば良い模様。
列数を 4 と指定して、行数を -1 の指定なしにする。
行数は自動的に推測してくれる(この場合は2)。

列数を -1 にして、行数だけ指定することも可能。

次に、行や列の削除。
コロンで行を残して、列を操作できる。
コロンのみは要素 全部って意味。

-1 は末尾の要素。[:, 0:-1] で 0列目から 末尾未満までの列。
すなわち、末尾列の削除。

なお
[:, -2] は後ろから2列目の列を指す。
[:. 0:-2] は0列目から -2 列目未満を指す。
そのため、0, 1 列が対象となる。
任意の位置の列を削除する場合は、np.delete を用いる。

カテゴリー:


0